社内報で伝えたいこと・ものなどを明確にしよう!

社内報は曖昧さを残さない

社員に見てもらう社内報では曖昧な表現を用いると、上手く伝わらないことがあります。社員の共通認識としてあることでも、あえて分かりやすい表現で社内報には載せる方がいいでしょう。特に社内報は難しい表現を用いる必要はありません。新聞ではないので、社員全員が分かることを優先した方が見てもらいやすいです。社内報を見たときに難しい漢字ばかりでは見る気をなくします。誰が見ても分かる内容や表現を使うと、広く読まれる要因になります。特に見出しはインパクトと分かりやすさを兼ね備えていると、読んでもらえる確率が上がるでしょう。社内報では最初のページで読んでもらえるかどうかが決まります。そのため最初のページの見出しがもっとも重要なのです。

言葉だけでなく絵でも明確に伝わる

明確に伝える表現にはイラストや絵を使う方法があります。イラストであれば伝えたいことが、上手く伝わることがあるのです。特に活字では説明しにくいものは、イラストにすると分かりやすいかもしれません。活字で作ってからイラストを加えると、どちらが伝わるのかが分かりやすいでしょう。ただし、イラストを入れるのであれば、適度に入れます。多すぎると伝わる内容が減りますし、少なすぎると見にくくなります。適度にイラストや絵を使うと、読みやすい社内報になるのです。また、イラストを入れるのであれば、必然性のあるものだけを採用することが大事です。全く関係のないイラストを使う社内報がありますが、それでは見る方は混乱します。できる限り伝えたいものに合ったイラストのみを使いましょう。